社協が取り組んでいる事業内容


安心して生活することのできる福祉のまちを目指して、

さまざまな活動を行っています。


1.法人関係

1)福祉課題の把握や改善運動
2)住民、当事者、社会福祉事業・団体関係者との連絡調整
3)ボランテイア活動や住民活動の推進、支援
4)福祉教育・啓発活動
5)サロン事業・音楽サロン、ふまねっと運動教室
6)各団体、社会福祉関係諸団体への協力、支援
 (現在担当する外郭団体の事務局)
 (1)老人クラブ連合会 (2)身体障害者福祉協会 (3)母子寡婦会 (4)遺族会
7)北海道共同募金会仁木町共同募金委員会
 赤い羽根・歳末助け合い運動


2.地域福祉活動推進関係

住民参加や協働による福祉活動の支援、福祉のまちづくりや福祉コミュニティ-づくりなどの展開等。

1)適切な法人運営や事業経営を行うとともに、総合的な企画や他事業  間の調整など全体のマネジメント業務。
2)理事会・評議員会の運営、財務管理、職員の能力開発、所轄庁への  届出や、事業発展や強化・計画などの検討等。


3.福祉サ-ビス利用支援関係

福祉サ-ビス利用者等のサ-ビス利用の援助や、地域での生活支援に向けた相談・支援活動・情報提供・連絡調整、見守り支援など

1)相談・生活支援事業 (弁護士無料あんしん相談)
2)愛情資金貸付事業
3)生活福祉資金貸付事業(北海道社会福祉協議会事業)
4)地域福祉権利擁護事業への協力
5)福祉有償運送事業<介護認定を受けた方で交通機関利用困難な方>


4.在宅福祉サ-ビス関係

介護サ-ビスなどの多様な在宅福祉サ-ビスを提供します。

1)指定居宅介護支援事業  (平成12年4月1日事業開始)<介護支援専門員(ケアマネ-ジャ-) 2名>
 (1)介護保険法に定める介護サ-ビスを提供するに先立って、利用される方の心身の状況を把握し、その結果と利用される方の希望に基づいて、利用される方ができるだけ自立した生活を送れるよう介護サ-ビスを提供するためのサ-ビス計画を作り、その計画にそってサ-ビスを受けられているかを確認をしながら継続的に支援します。
<アセスメント・ケアプラン・モニタリング・再ケアプランなど>
 (2)介護サ-ビスに係わる相談・苦情の解決や要介護認定の申請について支援します。

2)基準該当居宅介護支援事業 (訪問介護)  (平成23年4月1日変更)<介護福祉士1名 ・ ホ-ムヘルパ-5名>
 (1)介護支援専門員(ケアマネ-ジャ-) が作成したサ-ビス計画に基づいて介護サ-ビス計画を作くり、ホ-ムヘルパ-が自宅に訪問し利用する方の心身の特性を踏まえながら、介護サ-ビスにそって生活全般にわたる援助を行います。
<身体介護・生活援助・相談等>

指定居宅介護支援事業所・基準該当居宅介護支援事業所(訪問介護事業)

◇営業時間
 8時30分~17時30分  <月曜日~金曜日>
◇連絡先 
 住所 北海道余市郡仁木町西町1丁目36番地1
 電話 0136-32-3959
 FAX 0136-32-3591


5.町受託事業関係

仁木町から次の事業を受託して運営しています。(単年度契約・継続)

1)外出支援サ-ビス事業  (平成10年4月1日町受託事業開始)
高齢の方で交通機関の利用が困難な方を対象として自宅から医療機関や日常生活に必要な買物等への送迎を行います。
<月2回程度> 

2)配食サ-ビス事業(平成10年4月1日 町受託事業開始)
高齢の方の単身世帯や夫婦世帯を対象として、傷病等の理由により食事の調理が困難な方に食事を提供しています。
<月・水・金、週3回の夕食を配達>

3)ハ-トコ-ル事業(平成10年4月1日 町受託事業開始)
高齢の方の単身世帯や夫婦世帯に、電話で困りごとや安否を確認しています。
<週3回程度>

4)除雪サ-ビス事業(平成10年4月1日 町受託事業開始)
高齢の方の単身世帯や夫婦世帯で除雪が困難な方に玄関から公道まで除雪をします。
<降雪量の基準は町基準・・10cmを目途としています>

5)放課後児童健全育成事業(放課後児童クラブ)(平成12年4月1日 町受託事業開始)
小学校に就学しているおおむね低学年児童で、保護者が就労等により昼間家庭にいない子どもを対象として、学校放課後の時間帯に家庭的機能の補完をしながら「生活」の場を提供し、遊びや生活を通して健全育成を図っています。
<開設日数 251日 ・ 場所は仁木町山村開発センタ->